2015年05月20日

東京地裁・簡裁 労働関係訴訟の事件数 1

このブログの運営者は、ときおり裁判所の開廷表を調査して労働関係訴訟の事件数の推移を調べています。
これは5月20日に調査した、東京地裁民事第11・19・36部(労働部)および東京簡裁における労働関係事件の事件数です。

調査は次によって行いました。
地裁は民事11・19・36部の開廷表に記載の事件は全部、労働事件と推定し、そのなかから国・地方公共団体を被告とするものを除きました。したがって、公務員が原告となるもの・労災補償に関するものはカウントしていません。単に「損害賠償請求事件」とされているものはカウントしました。
簡裁は開廷表記載の事件名から、「賃金」「解雇予告手当」など、明らかに労働事件とわかるものをカウントしました。
したがって、地裁であれば損害賠償請求事件としてカウントできた性質の事件(パワーハラスメントその他の不法行為・安全配慮義務違反に基づく請求)をカウントできていません。

事件名と事件数は、つぎのとおりです。

東京地裁
  • 時間外労働手当 2
  • 地位確認 2
  • 残業代 1
  • パワーハラスメントによる慰謝料 1
  • 損害賠償 1
  • 賃金 1
  • 賞与 1

東京簡裁
  • 賃金 1

次の日もこの調査を行っています。

posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判手続