2015年04月22日

労働審判実践マニュアル : Ver. 2.

【本人訴訟当事者向】
【推奨度:☆】

労働審判手続の説明と書式が収録されています。
日本労働弁護団が作った本だから、なのかもしれませんが無理に労働者に優しい申立書式を作ろうとした感じがあります。
書式中、本人の申立を想定して丁寧語で申立の理由が書いてあるものは、あまり参考にしないほうがよいでしょう。
不当解雇事案で地位確認請求ではなく慰謝料を請求しようとしている書式もありますが、実際には困難です。

そうしたことに気をつければ、収録されている書式(申立の理由)は少額訴訟・通常訴訟にも転用可能です。労働事件審理ノートと対比して、論点や要件事実として「審理ノート」で指摘されている部分が実際の申立書にどう書かれていくかを考えてみてください。
書誌情報
タイトル 労働審判実践マニュアル : Ver. 2.   
出版者 日本労働弁護団, 2013.10.  
ISBN 978-4-903867-10-6 
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働審判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/122092621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック