2015年05月01日

実家のたたみ方 : 空き家と遺品の「困った」を一挙に解決!

【初心者向】
【推奨度:☆】

相続した実家を、手放す。売却する。解体する。
その方法が解説されています。とにかく相続人の手から離れさせる、という方向での説明に特化しているのが類書とのはっきりした違いです。
別に紹介する「実家の片づけ活かし方」と違って生存中に親に準備してもらう、などということは考えもせず、「たたみ方」としては自動車から山林から墓地改葬の流れまで説明されていますので、無策なまま実家を相続してしまった場合に参考になるのは本書のほうになるはずです。
ただ、相続した山林について「まずは測量を行って境界を把握しよう」(148ページ)と言うのは非現実的かもしれません。価値が低いわりに労力がかかって費用倒れを誘発しやすいためです。このほか、同書に記載の制度や組織が個々の相談にどれだけ適切に対応するかは少々心許ないものがあります。あくまでもヒントが書いてあるだけ、と考えなければなりません。
書誌情報
タイトル 実家のたたみ方 : 空き家と遺品の「困った」を一挙に解決!
著者 千葉利宏 著.
出版者 翔泳社, 2014.4.
ISBN 978-4-7981-3589-2
タグ:相続
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/125464268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック