2015年05月03日

徹底解説 不動産契約書Q&A

【本人申請の当事者向】
【推奨度:☆】

知人から不動産を安く譲ってもらえることになった。せっかくだから不動産登記も自分でやろうと思って、書式を探しているが、契約の細かいところがわからない。
本書はそうした人におすすめできる本ですが、少し記述が詳しい・難しいかもしれません。基本的には実務家向けの本なので我慢して読み込んでいただきたいです。「不動産契約書」とありますが売買契約のほかに解説されているのは賃貸借・請負契約に関するものなので、贈与や財産分与に関する情報を探している人にはあまり役に立ちません。
契約書の書式や不動産登記の基礎的な説明に100ページほどを割いてくれているので、この部分は所有権移転登記を自分で申請しようとしている人に役に立ちます。
ただ、不動産の売買契約では合意(つまり、当事者の納得と納得した内容の契約書への記載)によって、この本に書いてある原則論とは違うことも定められる、と考える態度は必要です。実務家への相談と併用してお読みいただきたい本です。

タグ:売買 登記
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/126233169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック