2015年05月15日

相続があぶない! : 「教育資金贈与」は今春が最大のチャンス!

【初心者向】
【推奨度:☆】

「相続 危ない(あぶない)」という題名を含むものとしては平成23年以降、少なくとも7点の書籍が出版されています。
別冊宝島のシリーズはここ数年、毎年のようにこの題名で本が出ているのはかえって微笑ましいものがあります。
本書は平成26年に出た一冊で、あぶないと注意喚起するのは主に相続税対策の分野です。

雑誌のような大きさと寸法で、ちょっと気を引くトピックスや失敗例と関連する基礎知識、企業広告、そうした構成ですが、別に紹介する「知らないと損をする相続&贈与の落とし穴」は相続税ではなく相続紛争対策に解説の重点をおいていて、実は中身に結構違いがあります。

表紙と目次に引かれてつい購入したくなりますが、うっかりすると自分には役に立たないほうを買っている、ということになりかねません。自分にぴったりの記事があるなら買ってもよいでしょうか。
書誌情報

タイトル 相続があぶない! : 「教育資金贈与」は今春が最大のチャンス!
監修 平林亮子 監修.
出版者 宝島社, 2014.2.
ISBN 978-4-8002-2108-7

タグ:相続 遺言 贈与
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/131540664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック