2015年05月31日

事例で知る労働審判制度の実際

【初心者・実務家向】
【推奨度:☆】

この本には書式は載っていません。紛争類型ごとに、労働者側の主張・使用者側の反論・期日における審理の経過の概略が載せられています。ある労働審判手続申立を準備している人が、相手方からはどんな反論がありそうか・裁判所は何に注目しそうか、を落ち着いて考えるきっかけになるかもしれません。
書誌情報

タイトル 事例で知る労働審判制度の実際 
著者 鵜飼良昭 著.
出版者 労働新聞社, 2012.9.
ISBN 978-4-89761-426-7
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働審判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137099753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック