2016年10月03日

2時間で丸わかり 不動産の基本を学ぶ

【不動産の取得希望者・初学者・新任の補助者向】
【推奨度:☆☆】

 

表紙にあるままの内容です。それが本書の長所です。

この本は不動産業者の新入社員、そのほか仕事として不動産取引に初めて関わる社会人を想定しています。不動産に関する現地や法務局など官公署の調査、担保の評価、融資(住宅ローンや賃貸経営者向け融資)の利用のまさに基本的なところが書かれています。 


本書をおすすめするのは『不動産業者は関与しないが、個人での売買や贈与で不動産を取得しようとする人』つまり登記を自分でしようとしているが、契約書と登記申請書だけ見つかればどうにかなると信じている…ちょっと危険な初心者、です。


とにかく我慢して1章から3章まで読んでみましょう。登記情報の取り方・読み方、法務局で不動産調査のために取れる書類(そして、その取得に費用を惜しむな!という業界内での基本事項)、現地調査で注目することや携行品、それをまじめにやったら見いだされるであろう現地現物や登記・契約の問題点の基本的なところを知ることができます。


こうした解説書は、薄くてわかりやすくしようとすれば情報不十分なパンフレットになってしまい、詳しくしすぎると専門書になってしまいます。登記情報や公図の読み方、不動産の契約と紛争はそれ自体専門書として独立させるに十分な分野ですが、それらを一通り、しかも事前に知識を持っていない人でもなんとか読めるように説明した点で貴重です。


不動産を取得するまえにとにかく現地をよく見ろ、登記簿は事前に取れ、と言うだけなら簡単です。では何をどのように見るか、読み取るか、すぐできる(だからこそ、しなければならない)ことを、この本で押さえておくとよいでしょう。

書誌情報
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続

2015年05月03日

徹底解説 不動産契約書Q&A

【本人申請の当事者向】
【推奨度:☆】

知人から不動産を安く譲ってもらえることになった。せっかくだから不動産登記も自分でやろうと思って、書式を探しているが、契約の細かいところがわからない。
本書はそうした人におすすめできる本ですが、少し記述が詳しい・難しいかもしれません。基本的には実務家向けの本なので我慢して読み込んでいただきたいです。「不動産契約書」とありますが売買契約のほかに解説されているのは賃貸借・請負契約に関するものなので、贈与や財産分与に関する情報を探している人にはあまり役に立ちません。
契約書の書式や不動産登記の基礎的な説明に100ページほどを割いてくれているので、この部分は所有権移転登記を自分で申請しようとしている人に役に立ちます。
ただ、不動産の売買契約では合意(つまり、当事者の納得と納得した内容の契約書への記載)によって、この本に書いてある原則論とは違うことも定められる、と考える態度は必要です。実務家への相談と併用してお読みいただきたい本です。

タグ:売買 登記
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続

2015年04月20日

自分でできる相続登記 : 不動産を相続したならこの1冊!

【初心者向】
【推奨度:☆☆】

別に紹介した「自分でできる不動産登記」と同じ体裁で、対象を相続登記に絞った本です。
「自分でできる不動産登記」では記載が十分でなかった戸籍謄本類等の集め方などに十分な説明がなされているので、相続登記の本人申請に関心がある人にはとてもよい本です。
とても詳しくなってしまったので、この本を使いこなすのに実務家の助けがあったほうがいいかもしれません。
書誌情報
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続

2015年04月19日

公図・不動産登記簿の読み方・調べ方 : はじめての人にもわかる!実務にすぐ役立つ! : 契約書および登記申請書からの読み取り方

【初心者向】
【推奨度:☆☆】

自分で不動産登記を申請してみたいが、そもそも不動産の登記ってなんだ?

そうした方が申請を失敗しないために、読んでおくことをおすすめしたい本です。ご自分の、あるいは目的の不動産の登記事項証明書にはなにが書かれているのか、登記事項証明書(登記簿謄本)というのはどうやって手に入れるのか、といった基本的なことが解説されています。書式例もたくさん、登記情報の読み方もたくさん記載されていますが、個々の申請を完了するために役立つという性質の本ではありません。

登記申請書の書式は載っているが、「自分でできる不動産登記」と違って申請書のつづり方は載っていない、そうした違いがあります。

ぴったりあてはまる申請類型があれば「自分でできる不動産登記」、困ったときに参照するのは本書、と使い分けできれば理想的です。


書誌情報
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続

自分でできる不動産登記 : 不動産登記をするならこの1冊!

【初心者向】
【推奨度:☆】

司法書士に依頼せず、自分で不動産登記を申請したい人のために書かれた本です。司法書士さんが書いた本ですので、ウェブサイトにあふれる情報より圧倒的に情報の質が安定しています。

記載のパターンにぴったりあてはまっている手続きを希望されるなら、書類の綴り方まで含めてこの本に書かれている手順にしたがって申請を完了できるのが素晴らしいところです。それを確認するために、まず図書館で借りてみることをおすすめします。

その反面、記載の説明にあてはまらない申請類型の場合には使いにくいかもしれません。

売買による不動産登記で、手付金の交付をせずに代金全額を支払うのは知人間の不動産売買で一般的ですが、こうした場合に当てはまる契約書の書式はありません。共有持分を移転する場合の委任状もないので、適宜読み替えることができないと使いづらい、と考える人がでてくるでしょう。

ただ、それは同書の質ではなく申請を準備する人の情報収集能力の問題です。


書誌情報
posted by 代書やさんと、そのアシスタント at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産登記手続